相続

残した財産を、渡したい人へ、できるだけ良い形で。
その気持ちは、人によって変わるものではありません。
相続の問題というと一部の人だけの話だと
思われる方もいらっしゃいますが、
実は普通に暮らしている人にもとても身近な、
真剣に考えなくてはならない問題なのです。

相続で争いになった金額は?

1,000万円以下の相続 32% + 5,000万円以下の相続 43% = 合計75%

出典:司法統計年報 平成26年度 『遺産分割事件件数の遺産価格別割合』

ポイント1

相続について様々な疑問をご相談ください。

がましんでは、8月を除く第2・第4木曜日に、税理士による無料の各種税務相談を行っています。また、弁護士による無料の法律相談も8月と1月を除く第1水曜日・第3水曜日に行っており、弁護士が直接アドバイスさせていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

ポイント2

相続したお金を有利な金利でお預かりいたします。

相続定期預金「家族想い」は、相続を受けた資金専用の定期預金です。有利な金利で預金していただけます。

ポイント3

生命保険も相続には有効です。

生命保険は、指定した受取人に、遺産分割協議をすることなく渡したい金額を残せます。
※ 生命保険金は、基本的には受取人固有の財産として遺産分割協議の対象外とされています。ただし、相続人の間で著しい不公平が生じる場合には、他の相続財産の遺産分割協議に影響する場合があります。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら