ホーム > 法人・個人事業主のお客さま > 口座開設 > 大口外貨定期預金

大口外貨定期預金

お取扱いは、10万米ドル以上または10万ユーロ以上で、期間は1週間以上1年以内で、非継続方式のお取扱いとなります。

●ご注意

・預金保険制度の対象外となります。

・満期日の外国為替相場によっては為替差益が期待できる一方、払込円貨額を下回ることもあります。

外貨預金とは

商品概要

平成28年9月1日現在

商品名 大口外貨定期預金
ご利用いただける方 原則20歳以上の個人および法人のお客さま
期間 1週間以上1年以内
非継続方式のお取扱いとなります。
・非継続方式:元利金を満期日以後に一括して払い出します。引き続きお預入れいただくには継続手続きが必要となります。
お預入れ
  • (1)お預入方法:一括預入です。
  • (2)お預入金額:10万米ドル以上、10万ユーロ以上
  • (3)お預入単位:1補助通貨単位まで預入可能
  • (4)お取扱通貨:米ドル、ユーロ
払戻方法 満期日以後に一括して払い戻します。
利息

(1)適用金利
お預入時の金利を満期日まで適用します。金利については窓口にお問い合わせください。
(2)利払方法
満期日以後に一括してお支払いいたします。
(3)計算方法
原則として付利単位を10通貨単位とした、1年を365日とする日割計算。
(4)税金
・個人のお客さま
利息には20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税が適用されます。
・法人のお客さま
総合課税となります。

※ 非課税法人の場合は非課税となります。
※ 法人のお客さまが受け取られる預金利息については、地方税の特別徴収が廃止となっております。

なお、国税には、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの期間、復興特別所得税が付加されています。

中途解約/期限後利息 それぞれの通貨の外貨普通預金利率を適用させていただきます。
手数料および適用相場 お預入・お引出方法や通貨により手数料等が異なるため、手数料等の合計額や計算方法をあらかじめお示しすることはできません。詳しくは「外貨預金のお預入れとお引き出しに関わる手数料および適用相場」をご覧ください。
苦情処理措置・紛争解決措置等の概要 詳しくはこちら(PDF:584KB)をご覧ください。
その他参考となる事項
  • ・預入後、為替予約を締結することにより、満期日の受取円貨額を事前に確定することができます(この場合、締結した為替予約を使用し満期日に解約することが条件となります)
  • ・為替差益への課税は次の通りとなります。
    (1)個人のお客さま
    ・為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の雑所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。
    ・為替差損は、他に総合課税の雑所得がある場合、その雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。詳しくはお客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。
    (2)法人のお客さま
    総合課税

詳しくは当金庫の窓口または渉外担当まで、お気軽にお問い合わせください。

お近くの店舗をさがす

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら