ホーム > ライフイベントから探す > 子育て

子育て

お子さまの将来に備えて、しっかりと用意を進めましょう。
ご成長とともに必要な学費も増えていき、
学習用品費や塾の費用をはじめ、
進学にあたっては受験費用、入学金なども必要となります。
また、進学先によっても、費用は大きく違います。
さらにマイホームの購入などとも重なりやすい時期。
早めの計画が大切です。

お子さまに必要な学費は?
公立(年額平均) 私立(年額平均)
幼稚園 22.2万円 49.8万円
小学校 32.2万円 153.6万円
中学校 48.2万円 133.9万円
高等学校 41.0万円 99.5万円
大学 107.0万円 [文系]147.0万円
[理系]169.4万円
  • すべて公立の場合

    平均888.8万円

  • すべて私立の場合 [大学・理系]

    平均2448.8万円

出典:幼稚園~高校/文部科学省 平成26年度 『子どもの学習費調査』、
大学/(株)日本政策金融公庫 平成26年度 『教育費負担の実態調査(勤務者世帯)』

ポイント1

教育資金を計画的に貯めていきましょう。

定期積金は毎月または2か月毎の積立てなので、計画的にお金を貯められます。また、進学時などの節目に貯めたお金を受け取れる各種保険もご用意しています。

ポイント2

子育て家庭だけの優遇商品もご用意しています。

金利を上乗せした「子育て応援定期積金」や、金利の優遇が受けられる「マイカーローン・学資ローン子育て金利優遇」をご用意。がましんは、子育て家庭を応援します。

ポイント3

教育資金には学資ローンが役立ちます。

進学時の入学金や制服・学用品の購入など、まとまったお金が必要になった時に役立つのが学資ローンです。証書貸付型のレギュラータイプと、当座貸越+証書貸付セット型のフリータイプをご用意しています。フリータイプは、在学中は当座貸越にてご利用いただき、入学金、授業料をはじめ毎月の下宿代、生活費等、就学に必要なすべての資金に対応できます。

ポイント4

教育資金の贈与には非課税制度が利用できます。

平成25年度税制改正にて、30歳未満のお孫様などへ授業料等の教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度が創設されました。がましんの教育資金一括贈与専用口座「孫心口座」は、この非課税制度の適用商品です。 ※ 非課税適用の上限金額やお預入れ期限などがございますので、説明をご覧ください。

ポイント5

積極的な資産づくりも検討しませんか。

積極的に将来への資産形成を行いたい方のための商品も多彩にご用意しています。さらに平成28年1月から、未成年者の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置「ジュニアNISA」の取扱いも開始しました。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら