ホーム > 蒲郡信用金庫について > 健康経営について

健康経営について

蒲郡信用金庫 健康宣言

 蒲郡信用金庫、「健康宣言」を標榜し、地域金融機関として地域経済社会の発展と繁栄に貢献することを普遍の使命としています。そのためには職員一人ひとりが心身ともに健康で働くことのできる環境づくりが、大切であると考えます。

【体制】当金庫では理事長を責任者として、人事部が健康経営推進のための施策の立案、企画、実施、運営を推進しています。また「健康保険組合」、「産業医」や「衛生委員会」といった組織と連携を図って参ります。

【目的】職員とその家族の健康の保持・増進について、組織として積極的に取り組むことで活力ある職場づくりを推進し、引き続き地域社会の発展に貢献していくことを宣言いたします。

<取組項目>

健康宣言チャレンジ事業所認定証

  • 1. 経営者および全職員が健診を受診します。
    ・人間ドック・定期健康診断の100%受診 
  • 2. 職員の家族の健康にも積極的に取り組みます。
    ・家族健診の受診を推奨
  • 3. 職員の健康課題の把握と必要な対策の検討を行います。
    ・ストレスチェックの100%実施と集団分析結果による職場環境改善
  • 4. 健康経営の実践に向けて環境を整えます。
    ・適切な働き方の実現のための定時退庫日の推進
  • 5. 職員の心と身体の健康づくりに取り組みます。
    ・保健指導を受ける時間の確保
    ・階段利用の推奨
    ・相談のできる組織づくり

「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました

健康宣言チャレンジ事業所認定証

 当金庫は2022年3月9日、経済産業省と日本経営会議が実施する健康経営優良法人認定制度において、「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に認定されました。
 役職員の健康の保持・増進を図ることは、組織の活性化、業績や企業価値の向上につながるという考えのもと、竹田理事長を責任者としてチャレンジして参りました。
 これからも役職員が健康でいきいき働ける職場づくりに取り組んで参ります。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら